TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


2009東武ファンフェスタが行われました 

2009年11月11日 ()
鉄道写真 * 写真
 東武ファン待望の「2009東武ファンフェスタ」が、11月8日(日)に南栗橋車両管区で行われ、多くの鉄道ファンや家族連れで賑わいました。

 今年の注目は57型鉄道コレクションの先行発売だったようで、会場内に長蛇の列ができていました。

 毎年、行われている車両撮影会では今回初めて車両全景を撮影できる時間帯と車両に近づいて撮影できる時間帯が設けられていました。
 しかしながら、開催日が11月上旬ということもあり日光線特急列車がA期間運用のため100系や300(350)型といった日光線優等車両の展示がなく、通勤型車両のみの撮影会となりました。
P1010514_1.jpg
撮影会用に展示された車両を本線側から撮影
(8000型・10000型更新車・20050型・30000型・50050型)
P1010508_1.jpg
8000型8128F+8553F
P1010558_1.jpg
10000型更新車11604F
P1010550_1.jpg
20050型21855F
P1010547_1.jpg
30000型31615F
P1010573_1.jpg
50050型最終増備車両51068F
P1010578_1.jpg
撮影会用に展示された車両を工場棟側から撮影
画像は全て2009.11.08東武ファンフェスタ(南栗橋車両管区)にて撮影


 その他、会場入り口付近には250系251Fが記念撮影用に展示されていたほか、休憩車両として10030型11436Fが、こども制服体験と運転台見学車両には10080型11480Fが使用されていました。
P1010657_1.jpg
記念撮影用に展示された250系251F
P1010481_1.jpg
休憩車両として使用された10030型11436F
P1010598_1.jpg
運転台体験に使用された10080型11480F


 また、働く自動車コーナーにはTJライナー塗装の川越電気管理所の架線検測車(軌陸車)や東武バスウエストのハイブリッドバス、東武バスセントラルの高速路線バスなどが展示されていました。
P1010581_1.jpg
TJライナー塗装の架線検測車(軌陸車) ナンバーが102ですね。
P1010615_1.jpg
昨年に続いて展示された東武バスウエストのハイブリッドバス
大宮営業事務所所属の9802号車(日野ブルーリボンシティ・ACG-HU8JLFP)


 工場棟内では、車体つり上げや車輪圧入、台車塗装などの実演が行われていた他、マスコン操作パンタグラフ上げ下げ体験・ブレーキ操作体験・車内放送体験・ドア操作体験などが行われており、それぞれの体験コーナーには多くの子どもたちが参加していました。
P1010616_1.jpg
入場中の50050型51068F上り方5両で床下機器などを解説付きで展示
P1010630_1.jpg
台車から外された車輪が整然と並べられていました
P1010637_1.jpg
組み立てられた台車
P1010656_1.jpg
50050型用ボルスタレス台車
P1010654_1.jpg
出場間近の6050型6157F


 今年のファンフェスタも工夫を凝らした展示が行われていました。また来年に期待したいと思います。

Tetsudo.com(鉄道コム)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.11.11(Wed) 23:30] 東武鉄道の話題Trackback(0) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

承認待ちコメント by -

承認待ちコメント by -

承認待ちコメント by -

承認待ちコメント by -

コメントを閉じる▲

「2009東武ファンフェスタ」シャトルバス 

2009年11月11日 ()
鉄道写真 * 写真
 11月8日(日)に東武鉄道南栗橋車両管区で行われた「2009東武ファンフェスタ」で会場最寄り駅の南栗橋駅~会場間に今年も無料シャトルバスが運行され、多くの方が利用していました。

 今回のシャトルバスも東武バスセントラルが担当し、西新井営業所から2台、花畑営業所から1台、葛飾営業所から1台、草加営業所から1台、八潮営業所から1台の計6台で南栗橋駅~会場間をピストン輸送していました。

shuttle1.jpg
1号車…西新井営業所の2688号車(いすず・KL-LV280L1改)
shuttle2.jpg
2号車…西新井営業所の2758号車(いすず・PJ-LV234L1)
shuttle3.jpg
3号車…八潮営業所の9831号車(日野・PJ-KV234L1)
shuttle4.jpg
4号車…葛飾営業所の2719号車(いすず・PJ-LV234L1)
shuttle5.jpg
5号車…草加営業所の9967号車(日野・PKG-KV234L2)
shuttle6.jpg
6号車…花畑営業所の2799号車(いすず・PKG-LV234L2)


 今回、シャトルバスに充当された車両は全てJ-BUSボディのエルガまたはブルーリボンⅡでしたが、唯一草加の9967号車が外見的の違い(1つ目ライト)がありました。
 また、八潮の9831号車のみ貸切表示で運行され異彩を放っていました。


Tetsudo.com(鉄道コム)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.11.11(Wed) 00:09] 東武バスの話題Trackback(1) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


東武バスセントラル西新井営業所にジャーニーJ 

2009年09月28日 ()
鉄道写真 * 写真
 しばらく更新が滞ってしまい申し訳ございません。

 東武バスセントラル西新井営業所に新車が配置された模様です。

P1010309_1.jpg
西新井営業所に新車配置された2824号車(いすゞ・ジャーニーJ・BDG-RX6JFBJ)
2009.09.27 西新井営業所(敷地外)にて撮影


 本日、西新井営業所脇を通りがかった時に、9808号車の草加転属以降見かけることがなかった「リエッセ」の姿がありましたので、転属車両か?と思いましたが、社番が2000番台のいすゞ車でしたので、小型車両のいすゞジャーニーJが西新井営業所に新車配置されたようです。

 本日確認できた車両は、社番2824号車(足立200か20-65)でしたが、リンク先の tantsuro さまによりますと同型車の2825号車も配置されており、北05系統で運用されていたとのことですので、現在のところ2台のいすずジャーニーJが確認されています。

 足立区コミュニティバス「はるかぜ」や竹51・52系統で使用されているHR7m車の置き換えか、北05系統の乗車人員が少ないことから系統新設時に導入されたエルガミオの置き換えかは、定かでありませんが、今後の動向に注目の車両です。

 なお、これまでいすゞジャーニーJが東武バスに導入された記憶はありませんので、今回が初導入と思われます。(外見は日野リエッセと変わりませんので社番を見ないとジャーニーJとわかりません)

Tetsudo.com(鉄道コム)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.09.28(Mon) 00:03] 東武バスの話題Trackback(1) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by tantsuro
ご無沙汰しております。
北05は朝の時間帯、30人近く乗せて到着することもあり(千住桜木、千住竜田町において、北01、北03、端44、王45が行った後、間隔が開いた状況で北05が到着した場合と推察されますが)小型専用路線となるとサービスダウンになりますね。
私のblogでのリバー様の情報及び私が本日確認したところ、エルガミオは花畑へ転属したので、どうやら北05、竹51・52、西05・06、を小型車6台(もう1台ジャーニーJが導入され7台?)で共通運用する感じですね。実際、今日もジャーニーJとHR7Mで運用されていましたし。
来春、帝京科学大学が開学し、北千住⇔千住桜木間が混雑すると思われる中、小型化はどうなんでしょうね。

by narikko
tantsuroさま

ご無沙汰しております。
ジャーニーJに30人は確かにキツイですね。
北千住~桜木間はドル箱区間ですが、それ以外の区間は空気輸送に近かったので置き換えられてしまったのでしょうね。
来春の大学開校以降、利用者が増えた場合に小型車では対応できない可能性は大ですね。

昨日見ましたよ by 南栗橋車両管理区荒川支所
こんにちわ

昨日、その車両・北05で運用していました。

LEDの表示ですが
系統番号を出すスペースがないようで
行先・北千住駅のみ表示していました。

エルガの小型車と混用ですか?

コメントを閉じる▲

東武50050型51067F秩父鉄道線内甲種輸送 

2009年08月17日 ()
鉄道写真 * 写真
 2009年7月27日に東武鉄道50050型新造車両51067Fの甲種輸送が、秩父鉄道線内で行われました。
P1130040_1.jpg
秩父鉄道デキ107号車に牽引される東武鉄道50050型51067F
P1130045_1.jpg
後部には秩父鉄道デキ105号車が連結されていました
2009.08.27 秩父鉄道線 新郷~武州荒木間にて撮影

 当初は秩父鉄道1000系(元国鉄101系)撮影の目的で、秩父鉄道線の新郷~武州荒木間で撮影していたのですが、9時を過ぎたあたりから他の撮影者の方が続々とお越しになったので、甲種輸送が行われることに気づきました。


Tetsudo.com(鉄道コム)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.08.17(Mon) 00:00] 東武鉄道の話題Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


東武博物館リニューアルオープン 

2009年08月16日 ()
鉄道写真 * 写真
 東武鉄道の90周年記念事業としてオープンした東武博物館は、開館から20年が経過した昨年12月末から7月までリニューアル工事を行い、7月22日にリニューアルオープンしました。
P1130542_1.jpg
リニューアル最大の目玉となった登場当時の姿に復元された57型モハ5701号車
P1130569_1.jpg
近江鉄道から里帰りし博物館に復元展示された初代電気機関車ED101号車
2009.08.12 東武博物館にて撮影


 今回のリニューアルでは、東武動物公園駅構内に保存されていた57型モハ5701号車を登場当時のねこひげ顔にリメイクして展示したほか、東武鉄道の第1号電気機関車ED101型を近江鉄道から譲り受け展示し、博物館に東武鉄道の初代蒸気機関車・初代旅客電車・初代電気機関車・初代特急車両が全て揃いました。
P1130559_1.jpg
復元された57型5701号車ねこひげ運転台
当時の資料がほとんど残っていない状況で写真等を基に復元したそうです
P1130555_1.jpg
登場当時の内装に復元された57型車内
P1130572_1.jpg
ねこひげ形に復元するために使用された金型

 また、リニューアル前から人気の高かったシミュレーションコーナーは、全て映像をとり直してハイビジョン化され、数々のトレインシミュレーターを手掛けている音楽館の監修によって以前にも増してリアルなシミュレーターに生まれ変わりました。
 特に8000型シミュレーター運転台1台を50050型運転台に置き換え、博物館来場者の注目を集めていました。
 しかし、開館当初から使用されていた対向列車で17型や2000型・営団3000系などが登場していたシミュレーター映像が、リニューアルによってお蔵入りしてしまったのが少々残念に思います。

 現在は、夏休み期間も重なり連日大変混雑していてる模様ですので、夏休み明けに再訪したいと思います。

P1130758_1.jpg
杉戸工場内で重量測定に使用されていたトキ1型無蓋貨車も新たに展示されています
ただし、3分の1にカットされているため見た目はBトレのような…


Tetsudo.com(鉄道コム)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.08.16(Sun) 23:16] 東武鉄道の話題Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

ごあいさつ

ご来場いただいたお客様

現在ご来場中のお客様

カレンダー(月別)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブログリスト

天気予報

ブロとも申請フォーム

QRコード

Rescuenow

NEWS ZERO

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。