TOP > 東武博物館リニューアルオープン
 ← 東武50050型51067F秩父鉄道線内甲種輸送 | TOP | 20000型の地上ローカル運用

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


東武博物館リニューアルオープン 

2009年08月16日 ()
鉄道写真 * 写真
 東武鉄道の90周年記念事業としてオープンした東武博物館は、開館から20年が経過した昨年12月末から7月までリニューアル工事を行い、7月22日にリニューアルオープンしました。
P1130542_1.jpg
リニューアル最大の目玉となった登場当時の姿に復元された57型モハ5701号車
P1130569_1.jpg
近江鉄道から里帰りし博物館に復元展示された初代電気機関車ED101号車
2009.08.12 東武博物館にて撮影


 今回のリニューアルでは、東武動物公園駅構内に保存されていた57型モハ5701号車を登場当時のねこひげ顔にリメイクして展示したほか、東武鉄道の第1号電気機関車ED101型を近江鉄道から譲り受け展示し、博物館に東武鉄道の初代蒸気機関車・初代旅客電車・初代電気機関車・初代特急車両が全て揃いました。
P1130559_1.jpg
復元された57型5701号車ねこひげ運転台
当時の資料がほとんど残っていない状況で写真等を基に復元したそうです
P1130555_1.jpg
登場当時の内装に復元された57型車内
P1130572_1.jpg
ねこひげ形に復元するために使用された金型

 また、リニューアル前から人気の高かったシミュレーションコーナーは、全て映像をとり直してハイビジョン化され、数々のトレインシミュレーターを手掛けている音楽館の監修によって以前にも増してリアルなシミュレーターに生まれ変わりました。
 特に8000型シミュレーター運転台1台を50050型運転台に置き換え、博物館来場者の注目を集めていました。
 しかし、開館当初から使用されていた対向列車で17型や2000型・営団3000系などが登場していたシミュレーター映像が、リニューアルによってお蔵入りしてしまったのが少々残念に思います。

 現在は、夏休み期間も重なり連日大変混雑していてる模様ですので、夏休み明けに再訪したいと思います。

P1130758_1.jpg
杉戸工場内で重量測定に使用されていたトキ1型無蓋貨車も新たに展示されています
ただし、3分の1にカットされているため見た目はBトレのような…


Tetsudo.com(鉄道コム)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.08.16(Sun) 23:16] 東武鉄道の話題Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 東武50050型51067F秩父鉄道線内甲種輸送 | TOP | 20000型の地上ローカル運用

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://narikko.blog47.fc2.com/tb.php/190-92a5f0fd
 ← 東武50050型51067F秩父鉄道線内甲種輸送 | TOP | 20000型の地上ローカル運用

ごあいさつ

ご来場いただいたお客様

現在ご来場中のお客様

カレンダー(月別)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブログリスト

天気予報

ブロとも申請フォーム

QRコード

Rescuenow

NEWS ZERO

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。